現在ほとんどの住宅のベランダ床は「FRP防水」です。

FPRの見分け方今から30年〜40年以前では住宅の屋根・屋上などはトタン・アスファルト・ゴムシートなど色々な方法・材料で防水されていましたが、今日ではFRP防水という夢のような防水が可能となりました。
FRPはガラス繊維なので、指でたたくとコンコンと音がするのですぐに分かります。
触って柔らかいのはゴムシート・ウレタン防水などです。

3拍子そろっているので人気があります。

FPR防水の特徴

なにもなくても8年に1度の3万円の防水塗装が鍵 (Aパターン)

塗料のはがれ 雨漏り・剥がれなどがなくても最低でも8年に1回は保護塗装(防水塗装)を塗り替えましょう。定期的なメンテナンスが住宅の寿命を延ばします。
ベランダ床は人が乗る場所なので磨耗により防水塗膜が壁などよりも確実に早く劣化します。

ベランダ床のメンテナンス方法は?

通常は上記の約8年程度で保護塗装(グレー色)で充分です。
もちろんヒビ・割れ・雨漏りなどがある場合はFRP層からの補修が必要になります。(BパターンもしくはCパターン)

ベランダ床の工事を
専門業者に任せる理由

ベランダは、他のリフォームと違い、足場や他業者の介入などが必要ありません。(ハシゴと使って単独で施工できます。)
もちろん専門なので格安で技術は折り紙つきです。

防水工事専門

FRP防水が
ベランダの定番になるまで

1970年頃より日本ではレジャアボートなどに使用し始めました。
1990年頃になり住宅ベランダ・プール・駐車場などに本格的に施工されるようになりました。今日では日本の住宅のほとんどがFRP防水となりました。 特徴はその強靭な防水性能にあり、どのような形にも形成できることであります。加えて夏の強力な太陽、冬の厳しい寒さ(60度〜-30度)などの気候条件などにも耐えられます。

外壁塗装はMK塗装工房へ
(協力業者)

ベランダ床の工事と同じくらい多いのが外壁と屋根の塗装です。防水塗装や様々な種類の塗装があります。埼玉の外壁塗装ならMK塗装工房にご相談ください。